ママになったら

育児について

乳幼児に起こりやすい
「乳児湿疹」の基礎知識と
アトピーの違い

多くの乳幼児の肌を悩ませる「乳児湿疹」。顔、首、頭など皮脂の分泌が多い部位に現れやすい「乳児湿疹」は、ニキビのような湿疹や、カサカサしたかさぶたを形成する湿疹などさまざまなタイプが見られるのが特徴です。
一方、子供に多く発症するアトピーも生後2~3か月頃から徐々に症状が現れるようになり、「乳児湿疹」と同じくさまざまなタイプの湿疹を生じます。「乳児湿疹」とアトピーは一見すると区別がつきにくいものです。そこで今回は、「乳児性湿疹」についての基礎知識とアトピーとの違いについて詳しく解説します。

乳児湿疹とは

乳児湿疹とは、生後2週~2か月頃に多く見られる湿疹のことで、顔・首・頭皮を中心に発症します。湿疹は、赤いポツポツしたもの、黄色いかさぶたやフケのようなもので覆われているもの、膿の流出があるものなどさまざまな形状で現れます。

乳児湿疹の原因は諸説ありますが、胎盤を通して赤ちゃんに渡されたママの女性ホルモンが皮脂の分泌を促すためと考えられています。また、赤ちゃんは毛穴が小さいため皮脂が詰まって炎症をおこしやすく、湿疹が悪化しやすいのも特徴の一つです。

乳児湿疹の治療

乳児湿疹は生後2か月を過ぎてママから受け継いだホルモンの働きが弱くなると、自然に症状が軽くなっていくことがほとんどです。
しかし、症状が長引く場合や重症化するような場合にはかかりつけの小児科や皮膚科などで適切な治療を受けるのが望ましいと考えられます。

治療には、基本的には清潔にして保湿を行い、症状によっては皮膚の炎症を抑えるためのステロイド剤の塗り薬、細菌感染を抑える抗菌薬入りの塗り薬などが使用されます。乳児湿疹に効果があると謳われた薬も多く市販されていますが、中には湿疹の正体が乳児湿疹でないケースもあるため自己判断で使用せず、まずは病院で診察してもらうことが大切です。

また、乳児湿疹の症状を抑え、再発を予防するには薬物療法だけでなく赤ちゃんの適切なスキンケアを行う必要があります。
乳児湿疹は皮脂の分泌が盛んな部位にできやすいため、入浴時にはよく泡立てた石鹸をつけて優しく撫でるように汚れや余分な皮脂を落とし、ぬるま湯でしっかり洗い流すようにしましょう。
湿疹の表面にかさぶたやフケのようなカスが付着している場合は、無理に剥がすと皮膚にダメージを与えることがあります。このような場合には、刺激の少ないオリーブオイルやベビーオイルなどを浸したコットンなどをパッキングしてよくふやかしてから洗浄すると皮膚を傷つけずにきれいに除去できます。

そして、入浴後や洗顔後は皮膚が乾燥しやすく、皮脂分泌がかえって増えてしまうこともあります。また、生後3か月を過ぎると赤ちゃんの肌は皮脂分泌が低下し、乾燥しやすくなります。このため、洗浄後は赤ちゃんでも使用できる保湿剤でケアすることも忘れてはなりません。

乳児湿疹を予防する方法とは?

乳児湿疹は多くの赤ちゃんが悩まされる皮膚トラブルですが、適切な対策を行うことで発症を予防することも可能です。
乳児湿疹を予防するには以下の3つのポイントを抑える必要があります。

湿疹ができやすいところを清潔に保つ

乳児湿疹の原因は皮脂の過剰分泌であると言われているため、皮脂が溜まりやすい部位はしっかり洗浄して清潔な状態を保つようにしましょう。皮膚のしわをよくのばして、よく洗いましょう。

こまめな保湿ケアを行う

生後3か月を過ぎると赤ちゃんの肌は乾燥しやすくなり、乾燥が湿疹の原因になることも少なくありません。赤ちゃんでも使用できる保湿ケア用品を使用して、赤ちゃんの肌を潤すようにしましょう。

室温や体温を調節して汗の過剰分泌を避ける

赤ちゃんは汗をかきやすく、それが皮膚の炎症を助長して湿疹を引き起こすことがあります。室温や服装をうまく調節して汗の過剰分泌を防ぐようにしましょう。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の違いとは?

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎は症状が非常によく似ているため、見分けがつきにくいことがあります。
アトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能が低下することなどによって皮膚に慢性的な炎症を生じ、皮膚にかゆみを伴う湿疹を引き起こす病気です。アトピー性皮膚炎による湿疹は乳児性湿疹と同じくさまざまな形状のものがあります。しかし、かゆみはアトピー性皮膚炎の方が強く生後2~3ヶ月頃から頭や顔の湿疹が始まり徐々に広がっていくことが多いです。肘の内側、足の付け根、膝の裏側など全身に発症するのが特徴です。

乳児湿疹もアトピー性皮膚炎も基本的には、まずはスキンケアを行い、症状の度合いによっては外用薬(ステロイド剤)が使われますので、治療方法は同じです。しかし、アトピー性皮膚炎は気管支喘息などアレルギーによって引き起こされる病気を合併することがあるため、慎重に経過をみていく必要があります。

記事監修医:
東京医科大学小児科 准教授 山中 岳先生