生理中は化粧ノリが悪くなる?~ニキビ・皮脂・肌荒れとの関係~

クリニック TOP

心と体の生理トラブル

生理中は
化粧ノリが悪くなる?
~ニキビ・皮脂・肌荒れ
との関係~

生理中は、生理痛、腰痛、眠気、ダルさなど、さまざまな不調が起こりやすくなります。不調の現れ方や程度には個人差がありますが、肌トラブルが最も憂鬱だという方も多いのではないでしょうか。女性の肌コンディションの良し悪しには、ホルモンバランスが大きく関与しています。

このため、ホルモンバランスが大きく変化する生理中は肌トラブルを引き起こしやすい時期でもあるのです。
ここでは、生理中に肌トラブルが起こりやすい理由と、おすすめの解決法を詳しく解説します。

生理中に化粧ノリが悪くなる理由とは?

生理は、エストロゲン・プロゲステロンと呼ばれる2種類の女性ホルモンの作用によって引き起こされる現象です。この2種類の女性ホルモンは肌の状態にも影響を及ぼします。
エストロゲンは肌の状態を整えて肌荒れを防ぐ効果がある一方、プロゲステロンは皮脂の分泌を促す作用があります。このため、生理前~生理1、2日目は最も肌トラブルを起こしやすい時期と言えるのです。

特に、生理中には次のような肌トラブルが起こりやすくなります。

テカリ、ニキビ、吹き出物

生理前や生理中はプロゲステロンの作用によって、皮脂の分泌が促されます。皮脂の過剰な分泌はテカリの原因になるだけでなく、毛穴に詰まるとニキビや吹き出物となってしまいます。また、生理中はストレスや疲れが溜まりやすいため余計にニキビや吹き出物が悪化し、痛みを生じたり赤みを帯びて目立ちやすくなったりするのが特徴です。

乾燥肌

エストロゲンは肌の状態を整えて潤いを保つ作用があります。生理中はエストロゲンの分泌量が減るため、肌が乾燥しやすくなります。その結果、肌の表面を覆う角質層の構造が乱れて肌がゴワゴワし、化粧ノリが悪くなる、ヒリヒリとしたかゆみが生じる、肌が赤くなる、などのトラブルが生じるのです。

生理中のメイクやスキンケアのコツとは?

生理中の肌トラブルは、ホルモンバランスの変化が関与しているため、根本的な解決へと導くのは難しいケースも多いです。このため、生理中はいつも以上にメイクやスキンケアに注意し、肌へのダメージを最小限に抑え、身体の内側から生じる肌へのダメージを外側から補っていく必要があります。

生理中には次の4つのポイントに注意したメイク・スキンケアがおすすめです。

洗顔は優しく

皮脂の過剰分泌による毛穴汚れやニキビが気になる場合でも、力をこめてゴシゴシ洗うのはNGです。また、1日に何度も洗顔するのも控えましょう。
これらの間違った洗顔方法は、顔の皮膚にダメージを与えるばかりでなく、肌に必要な皮脂まで落としてしまうことで余計に皮脂の分泌を増やしてしまいます。
洗顔の際には、良く泡立てた洗顔料の泡を顔に乗せて指の腹で優しく撫でるように汚れを落とし、ぬるま湯でしっかり泡を落とすようにしましょう。

ニキビには専用ケアや皮膚科の薬を

生理中はニキビが悪化しやすいため、数日たっても良くならない時にはセルフケアを続けずニキビ用の塗り薬を使用したり、皮膚科を受診して治療を受けたりするようにしましょう。塗り薬のほかに漢方などの内服薬が処方される場合もあります。

悪化したニキビは痛みや赤みが出るだけでなく、潰れると痕が残ってしまうことがあります。ニキビの痕は消すことが困難なケースが多いので、そうなる前にしっかりと専門的なケアを行うことが大切です。

リキッドよりもパウダーファンデーションを使用する

肌のくすみや荒れをしっかりカバーしてくれるリキッドファンデーションは生理中の肌トラブルの強い味方と考える人も多いでしょう。しかし、皮脂分泌が盛んな生理中に毛穴が詰まりやすいリキッドファンデーションを使用すると、ニキビや吹き出物がかえってできやすくなることがあります。また、乾燥気味の肌にも負担がかかってしまいます。
生理中は肌への負担が少ない、ライトなタイプのパウダーファンデーションがおすすめです。

くすみをカバーする色を使用

生理中は貧血になりやすく、血色が悪くなって顔のくすみが目立つことがあります。顔のくすみは周囲に不健康な印象を与え、鏡を見るたびに憂鬱な気分になることも少なくありません。
生理中は、血色の悪さをカバーするような明るい色のチークを入れたり、肌が明るく見えるようワントーン明るい下地やファンデーションを使用したりするとよいでしょう。

ページTOPへ