妊娠中・出産後 尿モレに悩むママたちへ 原因と対策をご紹介します

妊娠・出産を経験したママなら一度は
尿モレを経験したことがあるのではないでしょうか?
デリケートな問題ゆえ、誰にも相談できずに
1人で悩みを抱え込んでいませんか?

妊娠・産後の尿モレの原因と対策についてご紹介します。尿モレを正しく知り、日々の生活を快適にしましょう!

妊娠・出産でどうして尿モレが起こるの?

妊娠中の尿モレの原因

妊娠後期になると、多くの方が経験する現象です。
子宮が大きくなるにつれて、周りの臓器を圧迫するようになり、とくに子宮の下にある膀胱に強い影響を受けてしまうことで尿モレが起きます。

通常、尿道は骨盤底筋群といわれる筋肉でふさがれていますが、妊娠によりその筋肉に緩みが生じ、くしゃみや咳をしておなかに力が入ることで、赤ちゃんが動き、膀胱が刺激して尿モレが起きます。

出産後の尿モレの原因

「出産直後はまだ子宮も大きく、膀胱が圧迫された状態が続いている」ことと「分娩時のいきみで骨盤底筋群に大きな負担がかかり、締まりの悪い状態になっている」ことが考えられます。

尿モレが起こる仕組み

  • 妊娠による骨盤底筋の緩み
  • おなかに力が入る
  • 膀胱を刺激
  • 尿モレ
尿モレが起こる仕組み

尿モレには2つの種類があります

  • CASE1

    出産前後の尿モレのほとんどは

    腹圧性尿失禁

    腹圧がかかったときに漏れるものです。
    くしゃみや咳、急に立ち上がったり、重い荷物を持ったり、赤ちゃんを抱っこするなど、お腹に力がかかった拍子にチョロっと漏れます。

  • CASE2

    突然の尿意を我慢できない

    切迫性尿失禁

    排尿がコントロールできず、漏らしてしまうもので、原因のひとつと考えられるのは骨盤底筋群の緩みです。出産をきっかけになってしまうこともある尿モレです。

尿モレが起きやすい人の傾向

出産経験のある経産婦の場合

尿モレの症状は、2人目、3人目と産んでいくごとに増える方が多いです。これは、出産のたびに骨盤底筋群が緩み、回数を重ねるごとに戻りづらくなるからです。
また、分娩によって骨盤周辺の筋肉や靭帯を傷めてしまうことで、尿モレが起こりやすくなる場合もあります。骨盤底筋群を鍛えることで症状の改善が期待できます。

出産経験のある女性 イラスト

30~40代の高齢出産の場合

骨盤底筋群は、加齢とともに緩む傾向にあります。そこに妊娠・出産の負担が加わり、30代、40代で尿モレの症状を訴える方が増えています。
尿モレを改善する骨盤底筋体操などを行うことで、老後の子宮下垂※なども予防できます。

※子宮下垂通常膣の奥にある子宮が下降して膣のなかに落ち込んでしまう状態です。命にかかわる病ではありませんが、そのままにしておくと子宮が膣の外にでてしまう「子宮脱」になることもありますので早めに医師の診察を受けましょう。

COLLUMN

尿モレ対策の落とし穴!?

妊娠中・産後はこんな事に気をつけましょう

水分はしっかりとりましょう

尿モレを気にして、水分を控える方がいますが、水分を補給しないと膀胱炎になりやすくなったり、血管内脱水が生じ血栓ができやすくなります。また、その血栓によって血管が詰まると、肺塞栓・脳梗塞・心筋梗塞などの重篤な疾患が発症する恐れがあります。

水分はしっかりとりましょう

水分はしっかりと補給し、尿意を感じたらトイレに行くようにしてください。

ガードルやコルセットの使用について

ガードルやコルセットの使用について

産後1ヶ月はまだ子宮が大きいため、ガードルやコルセットなどでお腹を締め付けると、子宮や膀胱の位置を下げてしまい、尿モレが悪化することがあります

産後の1ヶ月健診で、医師に子宮の位置が元に戻っていると言われてから使用してください。骨盤や恥骨に痛みがあり、歩けないほどでしたら、早い段階から骨盤ベルトなどを使用するのは問題ありません。

 尿モレ対策01

骨盤底筋を鍛えるエクササイズを行う

尿モレを起きにくくする対策として、骨盤底筋を鍛えるエクササイズがおすすめ!

  • 骨盤底筋とは

    骨盤の底にあり、ハンモックのように内臓を支えている筋肉のこと。

    この筋肉を鍛えることで、尿モレ症状が改善されることもありますので、ぜひためしてみてください。

  • 骨盤底筋群 図解

骨盤底筋を鍛えるエクササイズ

  • STEP01

    仰向けに寝た状態で、足を肩幅くらいに開いて、膝を立てる

  • STEP02

    腕は体の両側にそって置くか、軽く組んでお腹の上に置く

  • STEP03

    尿道、膣、お尻の穴をギュッと締めたまま10秒キープ

  • STEP04

    リラックスして、50秒休憩する

  • STEP05

    1~4を10回繰り返す

CHECK!

産後は赤ちゃんのお世話で忙しく、時間が取れないという方も多いかもしれません。
そんな時は、キッチンに立って料理をしながら、かかとをあげてお尻を締める運動をしたり、ちょっとしたことでもいいので時間を見つけて筋肉を鍛えるようにしてみましょう!

尿モレ対策02

吸水ケア専用品を使う

吸水ケア専用品を使用し、下着が汚れないようケアをしておきましょう!

  • 吸水ケアには専用品がおすすめ!

    専用品なら水分をすーっと吸収してさらさら快適。生理用ナプキンは表面に水分が残っているのに対し、専用品は表面に水分が残らずさらさらした使用感で、日中ストレスを感じにくいため、おすすめです。

  • 生理用ナプキンとナチュラさら肌さらり吸水ナプキンの比較画像
CHECK!

「産後の尿モレは、骨盤底筋群が元に戻るまで、3ヶ月~半年ぐらい続く可能性があります。産後半年を過ぎても尿モレが改善されない場合、一度、泌尿器科を受診してください。尿道を締める筋肉に働きかける内服薬などもあり、治療で改善することができます。」

  • 特集ページ「みんなの尿モレ事情」
  • 妊娠・産後以外の尿モレについて

ドクターからのメッセージ

女性にとって妊娠・出産は、かけがえのない素晴らしい経験ですが、予想以上に身体の負担が大きく、骨盤底筋にダメージをあたえます。出産回数が増えるほど、また出産年齢が上がるほどそのダメージは大きくなります。しかし、女性の体の仕組みを理解し、正しくケアを行うことでそのダメージは少なく、回復も十分期待できます。ぜひこの機会にしっかり学び、骨盤底筋訓練を実践してみてください。尿モレで悩んでいるのはあなた一人ではありません。うまくできなかったり、不安がある場合は、いつでも産婦人科や泌尿器科の先生にご相談ください。