HEART SUPPORT 2021

ABOUT ABOUT
ABOUT ABOUT

ABOUT支援について

ザンビア共和国

生理の問題を抱えている

ABOUT
ABOUT

ZAMBIA

ザンビアの女の子が抱える問題

今年の支援先は、ザンビア共和国の首都ルサカ市の郊外にある、20万人が暮らすスラム街の学校や地域です。
そこに住む人々は、厳しい生活環境の中、不安定な収入や感染症など、様々な問題を抱えています。

ザンビアの女の子の多くは、文化・習慣的に、生理について話すことが基本的にはばかられることから、性に関する知識が不足しています。そして、生理用ナプキンは十分なお金のあるほんの一部の家庭でしか買えないため、古着や新聞紙など不衛生なものを代用してしまい感染症などのさまざまな問題が発生しています。

ザンビアの女の子の多くは、文化・習慣的に、生理について話すことが基本的にはばかられることから、性に関する知識が不足しています。そして、生理用ナプキンは十分なお金のあるほんの一部の家庭でしか買えないため、古着や新聞紙など不衛生なものを代用してしまい感染症などのさまざまな問題が発生しています。

学校には、生理用品を取り替える適切な衛生設備が備わっていなかったり、設備があっても鍵がかからずプライバシーが保てていないため、長時間替えることができず、においがしてしまう。
その結果、クラスメイトに笑われたりからかわれてしまい学校を休んでしまう。

約10人に1人が、このような問題に直面しています。

約10人に1人が、このような問題に直面しています。

ABOUT
ABOUT
ABOUT

SUPPORT

生理のときも、どんなときも
制限されることなく過ごせるように。

衣食住に困らず、学校に通い、将来を選択するということ。日本の女の子にとっては、当たり前のように感じるかもしれませんが世界では、そんな当たり前の生活を送ることが出来ない女の子たちが、たくさんいます。
その原因の一つに「生理」が挙げられます。
生理用品が手に入らないことにより、学校を休まないといけない。その結果、授業についていけずに退学してしまい、職業の選択が狭まり、貧困から抜け出せないというケースが多くあります。

ーすべての問題を解決することはできないけれど、女の子たちの自立を少しでも支えたいー
そのような想いのもと、世界の女の子をとりまく環境についてみんなで考え、行動できるプロジェクトとしてハートサポートは活動しています。

ーすべての問題を解決することはできないけれど、女の子たちの自立を少しでも支えたいー
そのような想いのもと、世界の女の子をとりまく環境についてみんなで考え、行動できるプロジェクトとしてハートサポートは活動しています。

HEART SUPPORT Official SNS
SNSアカウントからも情報を発信しています。