サイト内検索
クラブエリエール(会員サービス)
オンラインショッピング
エリエールオンラインショップ
Amazon
LOHACO
Rakuten 24
  1. ホーム
  2. お客様サポート
  3. よくあるご質問
よくあるご質問
よくあるご質問
ティシューペーパーについて
フェイシャルティシューについて

フランス語の女性名詞elleと、風を意味するairを組み合わせ、風の妖精という意味を込めてエリエールとしました。

もともと箱入りの「ティシューペーパー」は、アメリカではじめて作られたものです。
Tissue paperとは「薄い紙」を表していたのです。
エリエールではTissue paperの原音に近い表記「ティシュー」を採用しています。

エリエール贅沢保湿シリーズ・エリエールティシュー・エリエール コットンフィールティシューのように箱の高さの高いティシューは、中のティシューが少なくなると、中に落ち込んだりして出にくくなる場合があります。

その時には箱の裏面のところにS字型の切れ込みがありますので、それを裏面から箱の中に押し入れるようにしてください。ティシューが下から持ち上げられることによって、出にくさが解消されますのでお試しください。

ティシューの青い色は枚数確認の目印につけた食用色素です。ご安心ください。エリエール贅沢保湿シリーズ、+Water(プラスウォーター)の一部についていることがあります。

ティシューの箱の周囲で水をこぼしたり、湿気の多い場所に置いたことはありませんか?
ティシューの束に水分がしみた後、乾くとティシューの紙同士が貼りついて、はがれなくなります。
工場でティシューを作るときには、紙を互い違いに組み合わせた長い束をつくり、裁断した上でそれをティシューの箱に一束ずつ詰めていきます。
この工程では水を使用していません。
ノートの紙、はがき、トイレットペーパーやティシューなど、紙を作る際にはパルプを水に分散させ、すくい取って水分を取り除くと、パルプどうしが貼りつき紙になります。
一度紙になったものでも、その後水分がついて乾燥すると、水分で濡れた部分のパルプ同士が貼りついて剥がしにくくなります。
これは和紙などでも同じです。
水にぬれないよう、ティシューの置き場所にはご注意ください。

ティシューには、蟻が好むような成分は添加しておりません。
以前、同じようなお問い合わせをいただき、虫の専門業者に調査依頼いたしましたところ、この蟻は「ルリ蟻」でした。
ルリ蟻は小さい黒っぽい蟻です。
まだはっきりとした因果関係は分かっておりませんが、ルリ蟻は巣作りに木材を使うという習性があります。
ティシューは天然のパルプであり、パルプの原料となる木材と関係があるようです。
また、蟻の巣の環境にティシューの中の状態が似ているのではないかという見解もあります。
私共のエリエールだけの現象ではなく、他のメーカーのティシューでもこのようなことがあるようです。
また、お問い合わせの来る時期を今まで見ておりますと、南海上に台風が近づいている時や、前線がかかっている時に、こういう現象がみられるようです。
もしかしたら、蟻の避難行動ではないかと思われます。
蟻は仲間を呼ぶ道しるべに、蟻にしか分からないにおい(フェロモン)を道すじにつけて仲間を呼びます。
今後、新しいティシューに交換する際には、念のために周囲を水ぶきするなどして蟻の道筋をなくし、場所を変えるなどして様子を見てください。

ティシュー自体はパルプから作っています。
ふんわり柔らかい感触を実現するために、ノートなどの紙と異なり薄く柔らかい紙に、さらに手でもんだような効果を出すために細かいしわ加工(クレープ加工)を加えてふんわりと作っています。
紙自体に空気をたくさん含んでいるということです。
それは同時に、周囲のにおいを吸着しやすいということでもあります。
周りに強いにおいの物を置かないようご注意ください。
吸湿性の高い製品ですので、ご使用まではなるべく湿度の高いところに置かないでください。

「エリエール+Water(プラスウォーター)」について

プラスウォーターと読みます。
空気中の水分を取り込んでしっとり感を与えるグリセリンを配合したティシューです。

はい。濡れたティシューではございません。
保湿成分のグリセリンを配合することによって、ティシュー表面が滑らかになっています。
滑らかなティシューは肌の摩擦が少なくなりますので、頻繁に鼻をかんでも、ひりひりしにくくなっています。

保湿成分のグリセリンを配合することによって、ティシュー自体に空気中の水分を取り込むことができます。
空気中の湿度が高くなると、紙の水分の度合いも増加します。
この点をとらえて、「プラスウォーター」とネーミングしました。

贅沢保湿(ローションティシュー)は高品質の製品です。
紙が厚く、保湿成分の配合量が多いため、さらに柔らかく、やさしい触れ心地です。
+Water(プラスウォーター)は、今まで普通のティシューしかご利用にならなかった方にも広くご利用いただきたいティシューです。

+Water(プラスウォーター)に使用している保湿成分のグリセリンは、空気中の水分を取り込むことができます。
紙に配合すると、紙自体の水分の度合いも増加します。
この水分の度合いについて、当社の保湿成分を配合していない商品を100とすると、配合した+Water(プラスウォーター)は約170となります。
配合した+Water(プラスウォーター)は表面が滑らかになり、やさしく滑らかな触れ心地となっています。

+Water(プラスウォーター)に塗布したローション液に含まれるグリセリンの甘みです。
グリセリンは化粧水・リップクリームなどによく使われている保湿成分です。

「エリエール 贅沢保湿(ローションティシュー)」シリーズについて

贅沢保湿(ローションティシュー)の表面に塗布したローション液は、鼻をかむときの肌のこすれを少なくします。
また、空気中の水分をキャッチし、ティシューにしっとり感を与えています。
空気が乾燥しすぎると、贅沢保湿自体も乾燥します。
その場合は、湿度の高いお風呂場などにしばらく置くと、しっとり感が回復します。
逆にあまりに湿度が高い場合は、しっとりしすぎてしまうこともあります。

贅沢保湿(ローションティシュー)に塗布したローション液に含まれるグリセリンの甘みです。
グリセリンは化粧水・リップクリームなどによく使われている保湿成分です。

めがねを拭くと、油膜のようなものができる可能性があります。
これはティシュー自体に塗布したローション液の影響です。
油膜は水で洗い流していただくと、元に戻ります。

このウェブサイトでは継続的な改善を目的にCookieを使用しています。Cookieの詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。