ホーム グーン(GOO.N) 赤ちゃんの便秘
1
6596 views

赤ちゃんの便秘

赤ちゃんの便秘

毎日うんちが出ることもあれば、5日間まったくうんちが出ないなんてことも。
うんちがでないと赤ちゃんの機嫌も悪くなってしまい大変ですよね。
便秘が続くと、腸内でうんちがどんどん固くなってしまい、
さらにうんちがでにくくなってしまうこともあります。
たかが便秘と思わずに、しっかり改善してあげましょう。

うんちが出ない! これって便秘?

うんちが何日も出ていないし、なんだか赤ちゃんのおなかが張っている気がする…。そんなときに頭をよぎるのは「便秘」の2文字ですね。赤ちゃんの場合はどれくらいうんちが出なかったら便秘といえるのでしょうか。
そもそも便秘とは、便がしっかり出なかったり、出ても固いうんちのことをいいます。しかし、便秘の判断はとても難しいもの。「何日でなかったら便秘」と、はっきりいえる日数はありません。
うんちの回数には個人差が大きく、1日に数回する赤ちゃんもいれば、2日に1回、3日に1回という子も。毎日うんちが出なくても体調や機嫌に問題がなければ便秘ではないのです。うんちが数日出ないとき、以下の項目のうちどれかが当てはる場合は、便秘である可能性が高いのでチェックしてみましょう。

便秘のときの症状チェックリスト

✓赤ちゃんの機嫌が悪い
母乳やミルクをたっぷり飲んで、おむつもちゃんと替えているのに赤ちゃんの機嫌が悪く泣いてばかりいる。そんなときは、便秘かもしれません。うんちがおなかにたまって不快になると、赤ちゃんの機嫌が悪くなります。

✓うんちをするときに苦しそう
便秘の場合、赤ちゃんがうんちをするときに、顔を真っ赤にして力強くいきんだりして、うんちを出すのが大変そうになります。

✓下腹部が張っている
お腹がパンパンに張っているときも、数日うんちが出ていないなら便秘のサイン。授乳後のおなかは大きく膨らむので、空腹時のおなかをチェックしてみましょう。

✓母乳やミルクを飲む量が減っている
いつもより母乳やミルクを飲む量や離乳食を食べる量が減っている場合、おなかにたまったうんちが苦しくて食欲が減退しているのかもしれません。

✓うんちが固く、血がついている
赤ちゃんがしたうんちを観察して、いつもより明らかに固かったり、数滴の血がついているとき。血がつく理由は固いうんちをがんばって出すことで、肛門付近に傷をつけてしまうからです。

赤ちゃんが便秘になりやすい時期

赤ちゃんには成長の段階で便秘になりやすい時期があります。

新生児期

ほとんどの時間を眠っているか、仰向けの姿勢で過ごしている新生児期は、運動不足により便秘になりやすい時期です。母乳を飲む赤ちゃんよりもミルクを飲む赤ちゃんのほうが便秘になりやすい傾向にあります。

生後2ヶ月頃

生後2~3ヶ月くらいになると消化器官が発達してうんちをおなかにためられるようになり、一部の赤ちゃんは便秘の症状を起こしやすくなります。

離乳食を始めた頃

生後5~6ヶ月頃の、離乳食開始時期の赤ちゃんも便秘になりやすいようです。固形物を食べるようになるとうんちも新生児の頃と比べると固まりやすく、いきむ力がまだ足りないことにより便秘がちになります。

家庭でできる便秘改善法

便秘は大人だってつらいもの。赤ちゃんが便秘にかかっていたり、なかなか便秘が治らないときは何かしてあげたいと思いますよね。そんなときには以下のホームケアを試してみてください。

マッサージ

運動不足で便秘がちな場合にはマッサージを試してみましょう。 ねんねの赤ちゃんなら、おなかに「の」の字を描くように手でおなかをさすってあげましょう。おへその下あたりをスタート地点にして、おなか全体をやさしくマッサージします。
ほかにも、赤ちゃんの両足を自転車をこぐように動かしてあげたり、わき腹をゆらゆらしたりなど、さまざまな便秘対策のマッサージ法があります。いくつか試してみて相性のよいものを見つけられるといいですね。

水分たっぷりを意識

離乳食を食べ始めた赤ちゃんの場合は、水分不足も便秘の理由になります。母乳やミルクの量が減った分、白湯や麦茶など、水分を意識して取らせましょう。

消化のいい離乳食メニュー

野菜や食物繊維が不足すると、赤ちゃんも便秘がちになります。バナナやさつまいものペーストのほか、すりおろしたりんごなどは便秘解消にもいい離乳食メニューのひとつです。

浣腸

食事やマッサージを試しても改善が見られない場合は、浣腸もひとつの方法です。ここでは、薬剤を入れるものではなく、綿棒やこよりを使って刺激する方法を紹介します。
やり方は、和紙でつくったこよりか綿棒の先にベビーオイルなどをつけて、赤ちゃんの肛門に出し入れします。いきなり肛門の中に入れるのではなく、まずは肛門をつついて刺激を与えます。これだけでうんちをする赤ちゃんもいます。続いて綿棒のコットンの部分だけを出し入れします。1歳に近い赤ちゃんだったら綿棒の先で円を描くように少し強めに刺激しても大丈夫です。
綿棒浣腸は効果が出るのが早いため、している最中にうんちをしはじめるケースも多々あります。行う際は替えのおむつをスタンバイしてから始めましょう。

それでもなかなか改善しない場合や、赤ちゃんの機嫌が悪いく、ミルクなどを飲む量が減ってしまい、体重が順調に増加していないなどの場合には、早めに受診するようにしましょう。

赤ちゃんの便秘はよくあること

いつでも快便なイメージがある赤ちゃんですが、じつは便秘の症状を持つ赤ちゃんはとても多いんです。成長に伴い消化器官などができあがる5歳くらいになると少なくなるようです。少しでも快適にうんちを出せるよう、マッサージや水分補給、消化のいい離乳食でサポートしてあげてください。

この記事のタグ
1件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
このウェブサイトでは継続的な改善を目的にCookieを使用しています。Cookieの詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。