Question

「エリエール 除菌できるアルコールタオル・ウェットティシュー」について

「エリエール 消毒できるアルコールタオル」について

マスクについて

Answer

「エリエール 除菌できるアルコールタオル・ウェットティシュー」について

  • Q.
    「除菌できるアルコールタオル」の除菌とは?
    A.

    身の回りの気になる物体をタオルで拭くことで除去できます。すべての菌を除去できるわけではありません。
    拭き取る面の状態や拭き方によって除去の状態は異なります。
    拭き取った後に付着した菌に影響を及ぼすものではありません。

    ページTOPへ

  • Q.
    「除菌できるアルコールタオル ウイルス除去用」の除菌とは?
    A.

    身の回りの気になる物体をタオルで拭くことで除去できます。すべてのウイルスや菌を除去できるわけではありません。
    拭き取る面の状態や拭き方によって除去の状態は異なります。
    拭き取った後に付着したウイルスや菌に影響を及ぼすものではありません。

    ページTOPへ

  • Q.
    「除菌できるシリーズ」の用途は?
    A.

    身の回りの気になる物体の除菌と手の汚れ落としをするものです。

    ページTOPへ

  • Q.
    「除菌できるアルコールタオル」はお掃除にも使えるの?
    A.

    アルコールは有機溶剤であり、油などを溶かす性質があります。
    「エリエール 除菌できるアルコールタオル」は対物用のお掃除用途として、対象面をウェットタオルで拭くことによって、対象面の軽い油性の汚れ・皮脂汚れを除去することができます。
    調理後のレンジまわり、テーブルなど、お掃除などにもお使いいただけます。
    ※ご使用の際は対象物の取り扱い説明書をよく読み、本品の取り扱い注意に従った上で拭く対象が水分とアルコールでふける面かどうかで使用の可否をご判断下さい。

    ページTOPへ

  • Q.
    「除菌できるシリーズ」のアルコールタイプとノンアルコールタイプの違いは何ですか?
    A.

    <アルコールタイプ>

    1. アルコールを配合したウェットティシューです。
      アルコールは比較的安全に手軽に拭くことで除菌できるので広く使われています。
    2. 拭く面の手あかや汚れを手軽に落とすことができます。
      一方で皮脂を落とす力もあるため、手荒れの原因となることがあります。
      「除菌できる」シリーズはアロエエキスを配合しています。
    3. アルコール蒸発の際にふいた部分の熱を奪うので、その部分に冷涼感やさっぱり感があります。

    <ノンアルコールタイプ>

    1. アルコールを使用しないかわりに天然由来成分を使用していますのでアルコールアレルギーの方やお子様などに安心してお使いいただけます。

    ページTOPへ

  • Q.
    ボトルタイプのウェットタオル・ウェットティシューで、蓋の内側のアルミシールに一部隙間がありますが?
    A.

    この隙間はボトルの中にウェットタオル(またはウェットティシュー)を入れ、薬液を入れた後に封をする際にわざと作っている隙間です。
    外気温の変化によって、ボトルが凹んだり、膨れすぎたりするのを防いでいます。

    ページTOPへ

  • Q.
    使用期限はいつまでですか?
    A.

    <開封前>

    未開封の状態で約3年です。
    高温・直射日光が当たらない場所に保管した場合、約3年は変質がないようにしております。

    <開封後>

    容器は完全密封ではないため、高温の所を避けて保管して下さい。
    タオルを取り出す頻度やタオルのセット時の状態によってアルコールも少しずつ蒸発しますのでなるべく早くご使用になることをお勧めします。

    ページTOPへ

  • Q.
    本体の交換目安(ボトルタイプ)を教えてもらえますか?
    A.

    本体容器の取り出し口の十字部分のゴムは、何度も詰め替えていくうちに徐々に摩耗していきます。
    タオルを取り出す際にミシン目部分で切れにくくなってきたら、新しい容器に交換することをお勧めします。

    ページTOPへ

  • Q.
    使用(セット)方法を教えてもらえますか?
    A.

    <除菌できるアルコールタオル/ウィルス除去用の場合>

    1. キャップをはずし、アルミシールを取り除きます。
    2. ロール状のタオルの中心部からシートをつまみ上げます。
    3. つまみ上げたタオルの先端を広げ、真中をつまんで内側から取り出し口に通します。
    4. キャップをしっかり回して閉めてからご使用ください。

    <除菌できるアルコールタオル大容量の場合>

    1. 容器の蓋の外側にある6箇所の溝の部分に、硬貨等を差し込んで上へこじ上げて蓋をはずします。
    2. アルミ袋の上から7センチくらいの部分をはさみで切り、袋のまま容器に入れて、袋内のロールの中央からタオルをつまみ上げます。
    3. つまみ上げたタオルの先端を広げ、真中をつまんで、蓋の中心にある取り出し口の内側から外側へタオルを通します。
    4. 蓋の6箇所の溝部分をすべてパチンと音がするまでしっかり閉め、取り出し口からタオルを引き出して使用します。

    <除菌できるウェットティシュー アルコールタイプ/ノンアルコールタイプの場合>

    1. 容器の底ブタをはずして、中の袋を取り出します。
    2. 「つめかえ用」袋のシールをはがします。
    3. 容器を逆さにして袋をセットし、底ブタをしっかり閉めます。
    4. プッシュ部(くちばし部分)を押して上ブタを開け、取り出し口から1枚目を取り出します。

    ページTOPへ

  • Q.
    容器にはリサイクルマークがありますが、なぜウェットティシューやタオルにはないのですか?
    A.

    容器包装リサイクル法の制定目的は、商品を包んでいる素材や容器で使用する際に、本体と分離して不要になるものをリサイクルすることであり、そのため容器にはリサイクルマークの表記義務があります。
    ウェットティシュー自体は、製品を包む包装容器ではないために、リサイクルマークの記載はしていません。

    ページTOPへ

  • Q.
    ウェットティシューやタオル(トイレクリーナーを除く)は、どのように廃棄したらよいのですか?
    A.

    ウェットティシュー自体は焼却が可能な素材です。
    お住まいの自治体の廃棄方法に従って処分をお願いします。

    ページTOPへ

「エリエール 消毒できるアルコールタオル」について

  • Q.
    傷の消毒に使えますか?
    A.

    この製品は「指定医薬部外品」となり、パッケージにも表記していますように、手指・皮膚の洗浄・消毒に使える外皮消毒剤です。
    傷、粘膜部、火傷の部位には使わないでください。
    傷の消毒には「殺菌消毒剤」をお使いください。(エリエールのラインアップには該当する商品がございません)

    ページTOPへ

マスクについて

  • Q.
    マスクに表・裏はありますか?(どちらを表にしたらよいのか、わかりにくいです)
    A.

    パッケージ裏面の使用方法に従って、「エリエール」のマークが外側に来るように(エリエールの字が他の人から読めるように)して、着用してください。
    詳しくは下記をご覧ください。

    1. マスク上部のノーズフィッターを鼻の形に合わせて曲げてください。
      ※子供用についてはノーズフィターはついていません。
      ※子供用のマスクの左下のマークは「elleair」になっています。
    2. プリーツの折り目を縦に伸ばしてマスクを広げます。

    ページTOPへ

  • Q.
    マスクのつけ方で気をつける点はありますか?
    A.

    マスクの大きさ(縦横のサイズ)や耳ゴムの長さ、耳ゴムの素材などはメーカーによって色々です。マスクの大きさが顔の大きさに合っていることは重要です。
    顔の大きさにマスクが合っているか確認し、ノーズフィッターを鼻の形に合わせて曲げて、プリーツを伸ばしてなるべく隙間が少なくなるようにしてください。

    ページTOPへ

  • Q.
    PM2.5対策マスクはどんなマスクですか?
    A.

    ハイパーブロックマスク PM2.5対策のシリーズのマスクに使用しているフィルターは、パッケージにも表記されていますように、「超極細高機能フィルター」です。
    0.1マイクロメートルの微粒子をモデルにして、このフィルターがどの程度捕集できるかという試験を第三者機関(カケンテストセンター)で実施し、99%捕集できるフィルターであるという結果が出ています。お顔の大きさなどに合わせてフィットするマスクをお選びください。
    パッケージにも表記がありますようにマスクは感染(侵入)を完全に防ぐものではありませんのでご理解ください。

    ページTOPへ

  • Q.
    「ハイパーブロックマスク PM2.5対策こども用」のマスクの対象年齢は?
    A.

    こども用は、園児〜低学年のお子さまの顔を元に設計していますが、個人差がありますのでマスクのサイズ(90×125mm)をご確認ください。

    <参考>

    「一般社団法人日本衛生材料工業会」のウェブサイトにマスクのサイズの計り方があります。

    ページTOPへ