おむつの学校

Lesson02 テープタイプのおむつの替え方は?

テープタイプのおむつの替え方は?

新生児から、ハイハイ、立っちの頃まで使う方が多いテープタイプのおむつ。とくに新生児のころはうんちもゆるくてモレやすいです。
おしっこやゆるゆるうんちがモレないように、きちんとした替え方(つけ方)をマスターしておきたいところです。

おむつの上手な替え方

おむつの準備

パッケージに入っていたおむつはぺちゃんこ状態。まずはしっかり広げて、足まわりの立体ギャザーもきちんと立てておきましょう。
手元には新しいおむつの他、おしりふき、汚れたおむつを入れるビニール袋などを用意しておきます。おむつ替えに使うものをまとめてカゴなどに入れておくとスムーズです。

赤ちゃんを寝かせる

赤ちゃんを仰向けに寝かせます。タオルやおむつ替えシートなど、汚れてもいいものを下に敷いておくといいでしょう。

おむつを交換

  • ●3-1

    汚れたおむつのテープを外します。おしりふきで汚れを落としてから、汚れたおむつを外します。
    新しいおむつをしっかりと広げた状態で、赤ちゃんの両足を軽く持ち上げ、おむつの端が赤ちゃんの腰の下あたりにくるように置きます。

  • ●3-2

    おむつのお腹側を持ち、立体ギャザーを伸ばしたままお腹にあてます。この時、足まわりに隙間ができないように気をつけましょう。
    お腹にかぶせたら、赤ちゃんのお腹を包み込むようにお腹側の両サイドを広げます。

  • ●3-3

    左右のテープを止めます。片方の手でおむつのお腹側を押さえ、反対の手でテープを軽く引っ張りながら貼り付けます。
    その後、お腹とおむつの間に指が一本入る程度の隙間ができているかチェック。指が2本入るようでしたらモレの原因になりますので、テープ位置を調整してください。

  • ●3-4

    指で足まわりの立体ギャザーをなぞり、足まわりのフリルが外側にでているか、内側の立体ギャザーがしっかり立っているか確認。おむつを引き上げながら全体の形を整えて終了です。

声をかけながら、楽しくおむつ替え

おむつ替えは、赤ちゃんが快適にすごせるように行うとても大切なことです。
おむつを替えるとき、「さあ、おむつ替えようね~」「おしりキレイキレイしよっか」など、声をかける習慣をつけておきましょう。おむつ替えが親子の楽しいスキンシップの時間だと感じてくれるようになりますよ。