ママになったら

育児について

離乳食の進め方

運動量も増え、ミルクだけでは栄養が足りなくなった生後5〜6ヶ月頃から離乳食を始めるのが一般的です。しかし、赤ちゃんの発育状態によって個人差がありますので、我が子の離乳食を始めるサインを見逃さないようにしましょう。

離乳食を始めるサイン

  • パパやママが食事しているところをじっと見る
  • 食べているところを見ながら口をモグモグさせたり、よだれが出る
  • 食べ物を口に持っていくと、口を開ける
  • 赤ちゃんの生活リズムが整い、授乳時間がだいたい決まってきた頃

月齢ごとの離乳食の目安

離乳食初期生後5、6ヶ月
(ごっくん期)

10倍粥を1日ひとさじから始めます。一週間くらいかけてひとさじずつ増やす感じで慣れさせていきます。お粥に慣れてきたら、煮てすり潰したり裏ごししたにんじんやかぼちゃ、ほうれん草などの野菜も食べさせてみます。お粥と野菜に慣れてきたら、たんぱく質にも挑戦してみましょう。つぶしてなめらかにした豆腐や火を通した白身魚などがあっさりして消化に良いです。

離乳食中期生後7、8ヶ月
(もぐもぐ期)

スプーンに慣れて、食べたものを口を閉じてごっくんできるようになってきたら、次の段階に進みます。椅子におすわりしてママが赤ちゃんに離乳食を食べさせるのがこの時期です。舌と上あごを使って押しつぶせるくらいの柔らかさ、親指と人差し指ですぐにつぶれるくらいの7倍粥にしてみましょう。機嫌よく食べてくれたら1日2回、朝と夕食にします。

離乳食後期生後9〜11ヶ月
(かみかみ期)

口をもぐもぐ動かしリズミカルにかめるようになってきます。1日2回食を完食できるようになったら、少し固いものを食べさせます。ゆでた野菜スティックやバナナ、蒸しパンなど、手づかみで食べられるものもよいです。スプーンを持って自分から食べようとするなど、食べる意欲が高まってきたら、大人と同じ1日3回食にしましょう。

離乳食完了期生後12〜18ヶ月
(ぱくぱく期)

舌が上手に動いて食感を楽しめるようになります。ほとんどの栄養素を食事から摂ることができるようになるので、栄養バランスのとれた離乳食を作ることが大切です。1歳を過ぎると、スプーンやフォークを使って自分で食べることができてきます。母乳やミルクを欲しがらないようなら、離乳食だけにしていきましょう。

おもちゃ選び

赤ちゃんは遊びの中で色や音を覚え、感覚や情緒が豊かになっていきます。手や足に触れた物をつかんだりさわったりといった好奇心からくる「遊び」が、手足の動きや運動能力を育てるので、発達段階に合ったおもちゃ選びをしてあげましょう。

0〜3ヶ月

視覚と聴覚の発達がめざましい時期です。音の出るベッドメリーや音の出るモビールを枕元に設置してあげましょう。カラフルではっきりした色のものから視覚で捉えられるようになり、動きに反応して目で追ったり手を伸ばしたり。3ヶ月頃には指で握ったものを口元に持ってきたりします。

4〜6ヶ月

首がすわり寝返りができるようになってきます。自分の意思でものをつかんで、口に入れて確かめるようになります。安全なおしゃぶりやガラガラがおすすめ。目で追ったり、喃語が増えてきたり、周囲に関心が出てくる時期なので、たくさん話しかけてママも一緒に遊んであげましょう。

7〜9ヶ月

おすわりが安定して、両手を使っておもちゃを持つことができるようになります。うつ伏せからハイハイができるまでになり、興味や運動も増えてきます。ボールや積み木、たいこなど両手で遊べるおもちゃや、プルトイを引っ張ってあげてハイハイを誘導してあげるのも楽しい時期です。

10〜12ヶ月

つかまり立ちからつたい歩きを始めます。指先はとても器用になり、ものをつかんだり、出し入れができるようになってきます。自動車のおもちゃを押したり、パズルボックスで形を見分けて遊ぶこともできます。好奇心が旺盛になって、棚のものを出したり入れたり、ボール追ったりと、ますます動きが活発になります。

1〜1歳半

歩き始めるようになり視野が広がります。大人を見てものの使い方を学習したり、真似をしたりします。ハンマーや楽器のバチで正確な位置を叩けたり、木馬などの乗り物おもちゃで遊べるようになります。絵本を見て気づいたものを指差したり、言葉が出たり。コミュニケーションも取れるようになってきます。

おむつのサイズアップの目安

生まれたばかりなら迷わず新生児用を選びますが、赤ちゃんは日々成長しています。気づけば、サイズが合わずにモレたり窮屈で赤ちゃんが不機嫌になることも。サイズアップの目安の基本は月齢や体重ですが、成長にともなってママの目で見て判断するポイントもあります。

赤ちゃんの体型の変化

テープタイプを使用していて、足まわりがきつかったり、テープ止めの位置が端になっていたりする場合は、ワンサイズ上のおむつに替えるのが良いでしょう。
パンツタイプでも、お腹まわりや足まわりがきつくなってきたと感じたとき、股上が足りずおへそがおむつから出るようになったときには、サイズアップしてみてください。

おしっこやウンチの量が増える、モレる

赤ちゃんが成長するにつれ、母乳やミルクを飲む量が増えて、おしっこの量も増えてきます。おむつがすぐにパンパンになると感じたり、モレることが多くなってきたら吸収量が不足してきたサイン。吸収量に対応したサイズを選びましょう。

テープタイプからパンツタイプに切り替えるタイミング

赤ちゃんが成長してよく動くようになると、ねんねの頃は楽だったおむつ替えがどんどん大変になってきます。寝返り、ハイハイ、つたい歩き……赤ちゃんが動いておむつ替えが大変と感じたら、パンツタイプを試してみましょう。
パンツタイプのおむつは、お腹まわりやサイドの立体ギャザーがしっかり伸び、動き回る赤ちゃんにも簡単におむつをはかせることができます。