この春「elis Megami 肌ふわリッチ」が「elis Megami 素肌のきもち」へと新しくなりました!

cm

そのキュートなデザインと上質な肌触りの良さで感度の高い女性から定評のあった「elis Megami 肌ふわリッチ」シリーズが、この春装いも新たに「elis Megami 素肌のきもち」へと変わりました!

そこで、今回は従来品「肌ふわリッチ」との違いや新商品「素肌のきもち」の特長、開発に至るまでの経緯や思いを開発者に語ってもらいました。

開発者インタビュー

(写真左)下貞裕美さん

大王製紙 グローバル商品開発本部 
フェミニンケアBMD
マーケットリサーチグループ
(写真右)倉持美帆子さん

大王製紙 グローバル商品開発本部 
フェミニンケアBMD
商品開発グループ

目指しているのは「ベタっと感0(ゼロ)へ」の実感。「素肌のきもち」になって考えました。

新商品を開発するに
至った経緯と
背景について
教えてください。

働く女性たちの環境はますます過酷になっていると実感しています。長い会議でトイレに行くのもままならなかったり、座り仕事が多いのも特長的です。座るとどうしても体圧で経血がベタつく感覚があって、不快に思うという声が多かったのです。(※当社調べ)

肌が経血で濡れると、ふやける、かぶれる、かゆみなどの肌トラブルが起こりやすく、生理中であればなおさら肌が敏感になりやすいです。

そんな悩みを解消できるよう「素肌のきもち」になって開発したのが今回の新商品です。

「肌ふわリッチ」と
新しくなった
「素肌のきもち」の
大きな違いは
どこにありますか?

表面シートを「ふわさら凸凹シート」に改良した点です。従来品は細い繊維で密度を高くした素材を採用してきたのですが、これだと肌触りはいいけれど経血がシート表面に残ってベタつきを感じてしまいます。

そこで、肌に優しい素材のまま表面に凸凹を深く加工したことで、シートと肌表面が触れない非接触面積が従来品より172%にアップしました。

(※肌とナプキンの非接触面積172%にUP(当社従来品比)による肌への優しさ)

また、凸凹の間に小さいスポット(穴)を開けたことで、ドッと経血が出た時もスポットからスッと吸収するので、長時間使っていてもさらさら感が持続できるようになりました。

肌への優しさは
残したままで
ベタつきにくいって
すごい技術ですね。

この「ふわさら凸凹シート」の開発には試行錯誤を重ねました。
触り心地のいい素材でさらさらさせるのが最も難しいところです。凸凹のエンボス加工の形、スポットの大きさや配置などで、肌への接触面積がどの程度ならさらっと感じるのか、何度も繰り返しました。

その結果、9割の女性にベタっと感0(ゼロ)を実感できたと言って頂きました。

「95%の女性が「もう一度使いたい」と回答!

「素肌のきもち」満足度

9割の方が「ベタっと感0」を実感

今後の使用意向

95%の方が「もう一度使いたい」と回答

(N=61名 当社調べ)

独特のフォルムは、アクティブに活躍する女性にこそ使って欲しい機能的デザイン

フリルカットや羽の形、
開けた時のハート型は
変わらず可愛いですね。

可愛らしさと機能を兼ね備えた独特のフォルム

生理の時はどうしても憂鬱になりがちなので、デザイン性は大切にしています。
「elis Megami」シリーズはこの独特な形も評価いただいているのですが、その理由は形だけではないんですよ。
着けている時の体の動きを考えて、脚を組んだりした時でもゴワゴワしない工夫をしています。
従来、ナプキンは長方形型が多いのですが、実際の使用では四隅の端まで経血が広がることは少ないことが分かりました。

そこで、この余分な端をカットしました。
また、一般的なナプキンは安心感のためにショーツの幅より大きめに作られていることが多いのですが、実はこれが足の付け根部分がこすれて肌トラブルの要因にもなっていたので、ショーツにジャストのサイズでで足の動きを妨げないようにしました。

(※ショーツの形状によってはナプキンの幅がはみ出すことがあります。)

ナプキンを開いて、羽の形が手に沿いやすいよう斜めにカットしてあるため、スムーズな動きでショーツに装着できるように考えてあります。
しかも、一般的なナプキンの羽より少し幅を広くしてあるので、ショーツの裏側で両羽を重ね止めできます。これで、しっかり止まるので激しい動きでもズレにくいのです。

(※ショーツの形状によっては重ならないことがあります。)

ナプキン表面の線も機能に合わせ、3つのパートに分かれています。
前部分は恥骨の丸みに沿いやすい形状、真ん中部分は前後の激しい動きの影響を受けないよう経血を受け止める吸収に焦点を当てた形状、後部分はハートの形がお尻の谷間に沿いやすい形状となっています。

可愛らしさと機能を兼ね備えた独特のフォルム

等身大の女性開発者の
皆さんだからできる
繊細な心配りが現れた
特別なカタチなんですね。

スリムタイプがスタンダード化している今、目覚しい勢いで機能もラインアップも進化

この薄さでこれだけの
機能とカタチを
実現したというのは
すごい進化ですね。

スリムタイプは今や働く女性のスタンダードになりつつあります。持ち運びの手軽さはもちろんですが、最近はスキニーデニムなどのすっきりしたスタイルが主流になってきて、ヒップラインにナプキンの形が浮き出るのが気になるという声が多いようです。

スリムでも安心して使って頂けるように、吸収量は平均的な経血量よりも多めに設定してあります。
しかし、就寝時は寝返りなど体の動きが昼とは異なるため、夜用のスリムタイプをお使い頂きたいと思います。

同じスリムタイプでも
昼用と夜用では
どんな違いが
ありますか?

昼間立っている時は下に向かって経血が流れるのに対し、就寝時はお尻の谷間を伝って横や、後ろに流れたりします。

今回新しくラインアップに加わった夜用36㎝には、特別なヒップホールドを採用しました。従来のヒップホールドは単一の円形にカットされたものが多いのですが、これだとシワになったり、もたつきがありました。
そこで、お尻の形に沿うよう変形しやすいフリルカットにしています。

これなら、寝ている間に吸収面から外れてしまっても、ヒップホールドでカバーするのでさらに安心して頂けます。

新登場 21cm羽つき

初めて「素肌のきもち」をご使用になる方に向け、入り数が多い昼用タイプをご用意。こまめに交換したい方にも嬉しい1パック26枚入り。

新登場 36cm羽つき

寝ている間の動きに沿う設計 薄くても横モレや後ろ流れの心配なく快眠。

パッケージの印象も
大きく変わって
イメージチェンジですね。

「elis Megami」シリーズが発売された当時は、スリムで素材の良いものが市場に少なかったのですが、今ではスリムタイプは一般的になり、吸収だけでなく肌に優しいものを好む傾向が強くなりました。

そこで、「素肌のきもち」では誰もがイメージしやすい清潔感のある白をベースに、植物の葉っぱや小鳥をデザインし、ナチュラルなイメージに一新。
超スリムタイプは包装フィルムを半透明に変えて、中身の薄さを確認できるようになりました。

「今まで」Megami 肌ふわリッチ 「NEW!」Megami 素肌のきもち 新しくなりました

全ラインアップの新パッケージをチェック!

正しい着け方や効果的な
使い方があれば
教えてください。

商品を開いた時に、シールの部分のつまみが付いている方が前になります。つまみを引くだけでスムーズに個包装から取り出せ、ショーツに貼り付けやすいようになってます。
羽の幅が少し広くなっているのでショーツの裏側で両羽を重ねて貼り付けて頂くと、しっかり止まります。
(※ショーツの形状によっては重ならないことがあります。)

また、夜寝る時に昼用を2枚重ねて使われる方もいるようですが「素肌のきもち」の夜用は、就寝時の動きに合わせて設計されているので是非こちらを使って快適にお休み頂けたらと思います。

会議などで途中抜けづらい時は「特に多い夜用超スリム」などを利用して頂くのも良いと思います。

最後に開発者としての
思いや
今後の目標について
お聞かせください。

elisは「前を向く女性を応援する」ブランドです。社会全体の流れとして女性たちは忙しくて大変な時代。精神的にも環境的にもストレスが高い中、生理中は一段と気分が憂鬱になりやすいですが、そんな時でも肌に優しく気分が和らぐ商品作りを目指して開発を続けていきたいと思います。

文:モリタ 直美/2B-Com.