クリニック TOP

基礎知識

生理のしくみ

1ヶ月に一度、卵巣から卵子を排出する(排卵)に合わせて、
子宮内膜は厚くなり妊娠できる態勢を整えます。
このとき卵子が受精しなかった場合は、子宮内膜が不要となり、
はがれて体外に排出されます。これが生理です。

生理周期

生理のリズムは、2つの女性ホルモンの分泌で生まれます。
生理が終わってから排卵までの卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が多い期間を「卵胞期」。排卵後から生理までは黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が多い期間を「黄体期」といいます。
一般的に生理周期は約4週間(25~38日)を1サイクルとします。

1.卵胞期(低温期)

体の変化 卵巣の中の卵子のもととなる原始卵胞が成熟。成熟卵胞からは卵胞ホルモン(エストロゲン)がたくさん分泌され、その影響で子宮内膜が徐々に厚くなります。
心の変化 エストロゲンの分泌が最も盛んで副交感神経の働きも活発になり気分は安定します。優しくなったり、外向的になったりとポジティブになれる時期です。
肌の変化 新陳代謝が活発になります。血行が良くなり肌は潤い髪はつやが出て、女性としての美しさが顕れる時期です。

2.排卵期(高温期)

体の変化 成熟卵胞から卵子が排出されます。これを排卵といいます。最も妊娠しやすい時期です。黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌で子宮内膜がだんだん厚くなり始めます。下腹部になんとなく不快感や違和感を感じるのがこの時期。
心の変化 プロゲステロンの影響で交感神経が優位になり、元気だったり落ち込んだりと気持ちの起伏が激しく出ることも。気分はだんだん不安定になっていきます。
肌の変化 プロゲステロンには皮脂の分泌を盛んにさせる作用があるため、ニキビや吹き出物などのトラブルも出やすくなってきます。

3.黄体期(高温期)

体の変化 排卵後の卵胞が黄体に変化します。この黄体からは黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌され、その作用で子宮内膜はより厚く、妊娠に適した状態になります。胸のはりや痛み、便秘や肩こりなど不調などの不調に悩まされます。眠気が増したり、逆に眠れないなどの症状が出ることもあります。
心の変化 ホルモンバランスが急激に変動することで、自律神経が乱れイライラや不安感がつのります。怒りっぽくなったり、逆にやる気が出なかったりなど不安定な心の状態になりやすい時期です。
肌の変化 黄体ホルモンの影響が強く現れ体温が上昇して体内に水分を溜め込むためむくみやニキビのほか、シミやソバカスができやすい時期でもあります。血行が悪くなりがちなので、くまやくすみが目立ちやすくなります。

4.生理(低温期)

体の変化 妊娠しなかったときは、子宮内膜ははがれ落ち血液とともに体外に排出されます。黄体ホルモンの分泌がなくなり、体温が下がります。そのため体全体の血行が悪くなり冷えや頭痛、胃の痛み、生理痛を感じることがあります。生理の出血によって貧血気味になり身体のだるさをおぼえることもあります。
心の変化 生理痛などもあって憂鬱になりやすい時期です。生理が終わりに近づくと卵胞ホルモンの分泌が始まり、落ち込んだ気分から脱出していきます。
肌の変化 血行不良でくすみやくまが出やすくなります。肌が敏感になりやすいためかぶれや湿疹、肌荒れが治りにくい人もいます。

※生理周期による体と心のリズムは個人差があります。