クリニック TOP

基礎知識

子宮の構造

女性の性器は受精に必要な卵子を生み、精子と出会って妊娠を成り立たせ、
胎児を育てる大切な役割を持っています。
中でも卵子が蓄えられる「卵巣」、受精卵を育てる「子宮」、
卵巣と子宮をつなぐ「卵管」は妊娠、出産に深く関わる器官です。

  • 卵管

    卵巣と子宮をつなぐパイプの役割。

  • 卵巣

    子宮の両脇にあり親指大の大きさ。
    ここに卵胞という袋に包まれた卵子がたくさん詰まり、
    毎月卵巣から腹腔内へ飛び出すことを排卵という。
    排卵前後は、妊娠成立に関わるホルモンを分泌する。

  • 子宮

    着床した受精卵を育てる場所。
    妊娠していないと鶏の卵くらいのサイズだが、
    妊娠中には胎児のベッドとなるため大きく変形する。
    平滑筋という筋肉が伸び縮みし、内膜は粘膜に覆われている。

  • 子宮から伸びる管。精子を子宮へ送り込む。
    出産のときには産道となる。