過多月経ってなに?

過多月経は病気のサインです

「人より出血量が多いかも」「なかなか生理が終わらない」。
そんな人は、もしかしらた過多月経かもしれません。危険なサインを見逃さないで!

過多月経ってどんな症状?

過多月経とは、1回の生理の出血量が150ml以上あることをいい、レバーのような塊が出たりします。また、8日以上続くものを過長月経ともいいます。多くの人は細かい経血量がわからないので、症状に気付かない場合も。人より量が多いか不安になったり、長期間ナプキンを当てないといけないなどの悩みも発生するでしょう。

過多月経って増えているの?

生理の始まる年齢が下がり、ホルモンの成熟が早い女性が増えています。結果、子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人病が10代後半から発症するなど、低年齢の女性達にも過多月経の症状がみられます。また、長時間の労働や冷えから経血量が増えることもあり、月経困難症や過多月経の症状が悪化していく女性が増えています。

子宮筋腫 子宮内膜症って?

30歳以上の5人に1人がなるポピュラーな病気

子宮筋腫は子宮にできる良性の腫瘍で、成熟期の女性に多くみられることから卵胞ホルモンと関係があると考えられています。しかし、近年では若い女性にも多くみられます。症状としては、過多月経やひどい生理痛、貧血、下腹部の圧迫感、しこりなどがありますが、自覚症状がない場合も。治療は、筋腫が小さくて無症状の場合は薬物療法で様子をみます。大きかったり症状がひどい場合は手術を行ないますが、筋腫だけ取り除いた場合は妊娠の可能性を残すことができます。しかし、最悪な場合は子宮を全部摘出することも。おかしいな、と思ったら早めの受診をおすすめします。

子宮内膜症とは…
生理通や過多月経をともなう良性疾患

子宮内膜症とは、本来子宮の内側にあるべき子宮内膜とよく似た細胞が、子宮壁以外で増殖する病気。ホルモンの働きに反応して出血し、痛みや炎症を引き起こしたりします。最も多くできるのは卵巣の中で、チョコレートのような古い血液がたまることから「チョコレートのう胞」と呼ばれます。また、お腹の臓器の表面などにもでき、子宮と腸や卵巣が癒着して痛むこともあります。「子宮腺筋症」は子宮筋層の中にできる内膜症で、子宮の壁の一部がこぶのように硬くなったり、子宮全体が腫れてしまう疾患。どれも命に関わることはありませんが、気長につきあっていかなければなりません。

過多月経になったら毎日の生活は?

多くの人が鉄欠乏性の貧血を合併しているので、鉄分の多い食事を摂るようにしてください。冷えによって経血の量が増える場合もあるので、体を冷やさないようにするのも大事。また、マッサージやエステなどはリラックス効果もありますが、血流がよくなってかえって経血量が増えることも。症状がひどい場合は避けた方が良いでしょう。

過多月経になったらどうすればいいの?

治療手段のひとつとして、低用量ピルがあります。低用量ピルは、排卵をおさえてしまうことによって月経周期がしっかりし、痛みや経血の量がかなり少なくなってくるので一度婦人科に相談してみては。ピルに抵抗がある場合でも、今のナプキンは性能がよくなっているので、仕事の状況や環境に合わせて使いわければ、快適に過ごせると思います。自分に合った方法を上手に選びましょう。

体験談

モレて当たり前なのが辛くて…

5、6年前に、出血の多さが気になって心配になって婦人科検診に行ったところ、子宮の中に筋腫があると診断されました。それまでも立ち上がったとき経血がドッと出た感じはあったのですが、ナプキンを取り替えてから30分とか1時間後にトイレに行くと、すでに満タンになっているんです。トイレに座っていると、尿なのか経血が出ているのか分からない状態で、便器が真っ赤になる。筋腫がわかってからはもう、モレるのが当たり前。でも、快適に過ごしたいなっていう気持ちとの葛藤の中で毎月の生理を迎えていました。
(40代 主婦)

家から一歩も出られない経血量

普通の人よりも子宮の膜がだんだん厚くなる、子宮内膜症の一種の子宮腺筋症と診断されました。病気に気づいたのは、とにかく経血量が増えて、一番多い日用のタンポンを使っても、1時間でジーパンまで汚すようなことが何回もあったからなんです。夜用のナプキンを併用しても、必ず横モレしますね。下着を3枚重ねにしても、3枚とも経血がしみたり。量が多い日は1時間おきにトイレに行かなければならないので、モレが心配で家から一歩もでられない状態。安心して外出できるような生理用品があったら、ありがたいと思っています。
(40代 主婦)